カードローンで即日融資を受ける時の審査基準について

社会人になると冠婚葬祭への出席が増えるようになりますが、同じ月に何度もあると、さすがにお金が足りなくなってしまいます。
ですが出席しないわけにも、お金を使わないわけにはいかないので、どうにかして捻出しなければなりません。
一番簡単な方法はカードローンを利用することなので、まだどこのカードも作っていない方は、いざというときのために1枚ぐらいは準備しておきたいですね。
カードローンの魅力は誰でも簡単に利用しやすいところにありますが、さすがに無職の人や多重債務者では審査に合格するのは無理と言っていいでしょう。
ローン会社も商売ですから、確実に返済してくれる見込みのある人でなければ貸してくれることはありません。
審査に合格しやすい一番の職業は、やはりもっとも安定性の高い職業である公務員で、次が会社員になるでしょうね。
毎月確実に収入がありますから、ローン会社も安心して融資が出来るというわけです。
住宅ローンを組むときであっても、申し込み自体は誰でもすることはできますが、審査に合格するのは公務員か会社員、あるいは安定した売上を続ける自営業者だけで、芸能人であってもよっぽどの売れっ子でなければ、住宅ローンを組むことは難しいようです。
ゆえに公務員か会社員のような安定した職業であれば、どんなローンに申し込んでもまず審査に落ちる心配はありません。

しかし、注意点もあります。下記は融資後の満足度を現したグラフです。
manzoku
掲載元⇒即日融資系カードローンについて分かりやすいサイトよりお借りしました。

グラフからも読み取れるように、借りる事も大事ですが、将来的な満足度も大事に考える事も重要です。
カードローンの場合は、それほどまでに審査が厳しいことはないため、公務員や会社員でなくても大丈夫です。
派遣社員やパート、アルバイトであっても審査に合格しますから、安心して申し込むようにしたいですね。
とはいえ、公務員や会社員に比べると、かなり限度額が低く設定されることは覚悟しなければなりません。
パートでもアルバイトでもカードローンの審査には通るでしょうが、そのときに設定される金額は50万円程度ということもあり得ます。
それに比べて会社員や公務員の場合は、年収などから判断されて、上限ぎりぎりの500万円以上も狙うことが出来ますから、それだけの差があることは知っておくようにしましょう。
ただし公務員や会社員であるなら誰でも良いということではありません。
以前に他のローン会社から借りて、延滞しているような方は、業界では情報がまわっていますから、審査に落とされる可能性があります。
特に堅実経営をモットーにしている銀行では、そのあたりを細かくチェックして判断するので、銀行の審査が厳しいと言われるのはその点にあります。
ですが消費者金融の場合はそのあたりのチェックがゆるめになっているので、よっぽどひどい多重債務者でもない限り、審査に落ちることはないでしょう。
消費者金融は銀行に比べると金利が高いところが多いですが、最近はサービス競争が激しくなっているため、低金利の業者も増えています。
ゆえに審査がゆるめのローン会社を選びたいという方は、ホームページで金利がどれくらいかを調べてから申し込むようにしましょう。