カードローンの口座は余裕のあるときに開いておこう

カードローンの口座を開いていなくて大変辛い思いをしたことがあります。
当時、私は世間でも名の知れた会社に勤めており、いつでもカードローンの口座は開ける、特にお金を必要とするわけでないし、口座開設は後回しにしておいていいと思ってさぼっていました。
しかし、病魔に襲われ会社を休まざるを得なくなり状況は変わりました。
その期間は休職扱いとなり、手取りは激減しました。
貯金もだんだん底をついて来て、医療費の支払いはもちろんのこと、家賃の支払いや、生活費にも困るようになったのです。
そのときになってカードローンからお金を借りて元気になったら返済すると言う考えが浮かびました。
ネットで調べてみるとたくさんの会社があるので、金利が比較的低く、貸出枠の大きい銀行系の会社に申し込みをしました。
前年の源泉徴収のコピーを送り、うちは大きな会社に勤めているので、たぶん審査は通るだろう、お金が手に入ったら、支払いが滞っている医療費や、家賃の支払いに充てようと思っていました。
しかし、業者が私の会社に在籍照会の電話をかけて、私が休職をしていると知られると、ローンの審査は落ちてしまったのです。
当てにしていたお金が借りられなくなり、本当にピンチになりました。
お金が一番必要な時にお金の融通がつかない口惜しさ、情けなさ、心細さは経験してみないと分からないものです。
そのときに、思ったのは元気なうちに口座を開いておけば良かった。
もし今度元気になったら、カードローンの口座をたくさん作って、お金を借りる枠をできるだけ大きく確保しておこうということです。
重病の人で、「元気になったら一番に何をしたい?」と訊かれたら、美味しいものを食べたいとか、海外旅行に行きたい、バリバリ仕事をしたい、などいろいろな夢のある人が多いと思いますが、私の場合は違いました。
私の夢は「お金をいっぱい借りられる自分になりたい」だったのです。
本当にベッドの中でお金を借りることばかり考えていました。
幸い病気は回復し、会社に復帰しました。
最初の半年は試し出勤で、残業は認められず、正規の給料の8割程度しかもらえませんでした。
半年後、無事復職が認められ、残業代ももらえ、給料も正規に出るようになったときに、一番にしたことが、ローンの口座を作ることでした。
前に審査に落ちた銀行系はもちろんのこと、信販会社系、消費者金融系などできる限りたくさんの口座を開いたのです。
いろいろな業者から総額800万円の貸し出し枠を設定してもらって漸く安心することができました。
お金というものは、いつ何時必要になるか分からないものです。
そして元気なうちには簡単に融通してもらえるのに、どうしても必要な時に限ってなかなか融通が付かないものです。
だからこそ、カードローンの口座は経済的、時間的に余裕があるときに開設しておきましょう。
お金がいつでも借りることができると思うと人生に心強さを感じると思います。

Comments are Disabled