銀行のカードローンはどのくらい低金利か?

銀行のカードローンの上限金利は15%程度となっており、他の金融機関よりも低金利で借りることができます。
5万円や10万円といった少ない借入額であれば、数%の金利差など小さなものですが、希望額が100万円ともなれば、たった数%の金利が非常に大きいものとなります。
カードローンで導入されている金利は、実質年率というものです。
よく、年利15%といった表記を見かけますが、これは年間に15%の金利が利息となるわけではありません。
単純に15%で計算すると、100万円が1年間で115万円、2年間で130万円になることを意味しますが、実質年率ではこのような計算にはなりません。
融資のときは100万円に対して利息がつくのですが、翌月に50万円をまとめて返済したとすれば、今後は金利が発生するのは50万円に対してのみです。
つまり、少しでも早く元金を減らせば、返済までの利息を減額できるというわけです。
追加返済や繰り上げ返済が勧められるのはこうした理由からです。
100万円を1年間で返済する場合も、毎月定額返済をしていくよりも、余裕があるときに一気に返済したほうが楽になります。
例えば、初月に90万円を返済してしまえば、元金は10万円だけとなり、利息が発生するのは10万円に対してのみです。
それ以降は定額で1回払いをしても、利息は少なくてすみます。
銀行カードローンでは、原則として繰り上げ返済の頻度は自由で、手数料は完全無料となっています。
毎月の返済日である10日に所定額の返済をして、翌日の11日に追加返済するという方法も使えます。
住宅ローンでは繰り上げ返済には数千円程度の手数料がかかるのが普通ですが、個人消費向けの多目的ローンの場合は手数料無料が基本なのです。
金利については、たくさん借りるほど低金利を設定してくれるのが普通です。
ここで注意したいのは、金利を下げたいからたくさん借りるという考えです。
50万円よりも70万円のほうが低金利になると分かっていれば、50万円で間に合うような場合でも70万円を借りてしまいがちになります。
金利が下がるのは嬉しいことですが、利息は「元金×○○%」という計算になりますから、結局は利息が大きくなるのです。
本当に必要な金額だけを借りるようにするのがコツです。
具体的な金利については、ホームページに掲載されていることもありますが、分からない場合は銀行に問い合わせてみるといいでしょう。
「50万円の融資では15%」「51万円~100万円までは12%」というように、細分化して設定していることが多いです。
問い合わせても金利が分からない場合は、審査を受けてみるしかありません。
審査過程で金利を設定していく銀行もあり、この場合は事前に金利を知ることはできません。
いずれにしても、銀行のカードローンは低金利であり、「3.5%~14.8%」といった実質年率になっております。
この表記の場合、14.8%を超えた金利で融資されることはありません。

Comments are Disabled